掃除の基本は拭き掃除

掃除道具や掃除用具

 通販サイトで探す人気の掃除道具や掃除用具

 ⇒楽天市場の売れ筋掃除用具を見る

 ⇒アマゾンの売れ筋掃除用具を見る

 ⇒ヤフオクの売れ筋掃除用具を見る

エアコン掃除の効果

エアコン掃除の効果についての記事です。
エアコンのクリーニングを行うと様々な効果がありお得です。まずは、節電効果です。エアコンの掃除を行うと、エアコンの汚れにもよりますが、約10%から30%電気料金が安くなります。
エアコンの掃除をすることで、エアコンが長持ちするようになり、修理代や設備投資費の節約になります。エアコンを掃除することで、エアコンの効き目が良くなり、エアコンの風量も増えます。エアコンの掃除をすることで、カビやダニや細菌を除去し、エアコンからの悪臭もなくなりお部屋が衛生的になります。エアコンを掃除することで、外観が綺麗になり、お部屋のイメージアップにも繋がります。エアコンのクリーニングだけでもこれだけの効果がありますので、定期的にエアコンのクリーニングも行いましょう。

畳掃除

畳掃除に関する記事です。

最近の住まいでは、床がフローリングのところも多く、洋室がカッコいいとイメージがある方も要ると思います。
昔は畳は貧乏くさいとかイメージがありましたが、海外では畳はカッコいいなど、和室のイメージも変わってきています。
フローリングの上に、置き畳を敷いて使用している方もいます。
フローリングに比べ、畳掃除はめんどくさいとか、ダニが気になるとかありますが、日々の畳掃除をしていれば簡単に畳掃除は出来ます。

ちょっと熱めのお湯を使用して、雑巾で畳の目地に沿って拭き掃除を行います。
天気がいい日には、窓を開け換気を行い、畳を自然乾燥してもいいですし、乾いた雑巾で乾拭きを行い、掃除終了でもいいです。
熱めのお湯で畳を拭き掃除をすることで、殺菌効果や、体からでる皮脂を溶かし拭き取ることができます。

片付け掃除で節約

片付け掃除に関する記事です。

住まいの部屋が片付いている家庭は、自然に節約生活になっています。
部屋の掃除、片付けを習慣的に行うようになってから、お金が溜まりだした方がいます。

部屋の掃除、片付けが出来ない方はこんな感じです。
ある日電卓が必要になりました。部屋が片付けされていなければ、必要なものがどこにいったか分かりません。
高いものじゃないから、100円ショップなどで購入しようと考えます。
後日部屋の片付け、掃除を行っていると先日必要だった電卓がでてきます。せっかく購入したんだからと捨てるのがもったいなく
電卓が二つになります。この時点で、電卓が1つ不必要になりゴミになります。

また、台所では冷蔵庫の片づけが出来ていないと、奥のほうに賞味期限のきれた食材が忘れられています。
次々食材を購入し、冷蔵庫にいれるので、冷蔵庫の効率も悪くなり、電気代がかかってしまいます。

こんな感じで、片づけが出来ていないことで、ゴミを購入するという悪循環にはまり、浪費をしている方もいるとおもいます。
節約の第一歩は片付け掃除から始まります。
住まいを整理整頓し、片づけを行いましょう。

トイレ掃除

トイレ掃除に関する記事です。

トイレには、ヌメリ、黒ずみ、黄ばみ、尿石、汚物、水垢など、トイレ特有の汚れがつきます。
また、小さい子供や男性のいる住まいでは、尿をしたとき飛び散っている可能性があるため、トイレ全体の掃除も必要です。
トイレ掃除を定期的にしていないと、飛び散った尿を放っておくと、悪臭や黄ばみの原因になってしまいます。
また、尿に含まれるアンモニアなどが固まり、黄ばみになり頑固な汚れになります。
トイレの頑固な汚れは、強力な酸性洗剤を使わないと落ちません。
強力な洗剤を使うと、トイレの便器の素材を傷つけてしまい、傷部分に汚れが入りと悪循環になってしまいます。
可能な限り毎日トイレ掃除を行うのが理想です。毎日トイレ掃除を行うと、汚れも軽く便器ブラシで擦ったり、中性洗剤を使いうだけで簡単に掃除ができます。

便座にはエタノールをトイレットペーパーに染み込ませ、掃除すると除菌でき衛生的です。

トイレ掃除の際には、いろいろな雑菌がいますのでゴム手袋を着用し掃除しましょう。また携帯など電化製品をトイレ掃除中にトイレに落とすと故障の原因となりますので、持ち込まないようにしましょう。

ウォシュレット掃除

ウォシュレットのトイレ掃除に関する記事です。

住まいのトイレがウォシュレットという人が多いと思います。
トイレの便器や便座は汚れも分かりやすく、掃除している方は多いと思いますが、トイレのウォシュレット部は意外と汚れが見えにくく、
また、ウォシュレットの掃除の仕方が分からないなど、掃除をあまりしていない方が多いみたいです。

トイレのウォシュレットを掃除する場合は、面倒でも分解して掃除しましょう。
しかし、最近のウォシュレットはワンタッチで取り外せるものが多く、ウォシュレットの掃除を容易にすることも考慮し設計されていますので、そんなに難しくないと思います。
トイレのウォシュレットを分解することで、便器との隙間や便座の裏側、ノズルの先端、付け根等の掃除がかなり楽になり、汚れの付いている箇所も確認出来ます。

ウォシュレットは基本的に樹脂製ですので、トイレの便器に使用している洗剤では、変色やつやがなくなるなど素材を傷付ける原因となります。
最近のウォシュレットは抗菌樹脂が使われており、汚れが付きにくい素材となっていますので、ウォシュレットの際は、ウォシュレット専用クリーナーかトイレ用中性洗剤を使用しましょう。

トイレ掃除の際には、いろいろな雑菌がいますのでゴム手袋を着用し掃除しましょう。また携帯など電化製品をトイレ掃除中にトイレに落とすと故障の原因となりますので、持ち込まないようにしましょう。

クロス掃除

クロス掃除に関する記事です。

住まいの壁のクロスの掃除方法について紹介します。

住まいのお部屋も洋室のものが増えていています。部屋の壁がクロスの所も多いと思います。
最近のクロスは、防火クロスや防水クロス防カビクロスなど、様々な加工がされています。
しかし、汚れ防止クロスでも月日がたつとだんだん汚れてきます。

普段のクロス掃除では、はたきでクロスのホコリを落としたり、掃除機でクロスのほこりを掃除します。
掃除機でクロスの掃除を行う際には、壁専用のノズルを使用したほうが効率よく掃除できます。
手垢などの掃除機では取れない、クロスの汚れは消しゴムで掃除も有効です。

防水加工がされているクロスやビニールクロスでは、水拭きが可能ですので、よく絞った雑巾などで掃除できます。
しかしクロスの水拭き掃除では、クロスの合わせ部に水が入るとクロスの剥がれる原因となるので、注意が必要です。
また、クロスに防水スプレーをしておくと汚れの付着を抑えることができ、日々のクロス掃除も簡単になります。

布製のクロスとビニール製のクロスの見分け方は、少量の水をクロスの目立たない部分にスプレーしてみてください。
クロスに水が染み込めば、布製のクロス、弾けばビニール製のクロスです。

ガム掃除

カーペット掃除に関する記事です。

住まいの絨毯やカーペットにガムがくっつた時の掃除方法について紹介します。

カーペットにガムがへばりついたら、慌てず掃除してください。
慌てて掃除し、ガムを無理やりひっぱたり擦ったりしますと、ガムが伸びてしまい、掃除するところが増え、余計に掃除しにくくなります。
まずは、ガムを固めることから掃除が始まります。
ビニール袋などに氷を入れ、ガムの上に乗せておきます。氷で冷やすことにより、ガムが固まり、取り除きやすくなります。
ガムが固まったら、カーペットからガムを剥がします。
これで、全て取れれば掃除終了ですが、まだカーペットにガムが残っている場合は再度ガムを氷で冷やし、再度掃除をします。

また、多少のガムの残りでしたら、ガムテープで時間をかけて掃除したり、ガムが付いているカーッペットの毛先をはさみで切り取って掃除してもよいです。
ベンジンを染み込ませた古い布でたたいても綺麗に掃除できます。

水フィルター掃除について

水フィルター掃除機に関する記事です。

住まいで使っている掃除機は、紙パック式掃除とサイクロン掃除機が主流だと思います。
最近話題になっている水フィルター掃除機というタイプの掃除機が発売されています。

水フィルター掃除機の利点は、紙パックが不要で紙パックの変わりに水を使用しますので、節約になります。
紙パックを使用しないことにより、紙パック内のダニの発生を抑え、ゴミが詰まることが無く、吸引力が落ちませんので、安定して吸引力が持続します。
また、紙パック式やサイクロン式と違い、フィルター交換時やゴミ捨て時に花粉やホコリが舞い上がる事がありません。
排気に関しても、水フィルターでほとんどのホコリやカビ、ダニを取り込みますので、排気がクリーンです。
花粉症などのアレルギーでお悩みの方にはおすすめの掃除機です。

水フィルター掃除機の欠点については、音が大きいので子供の昼寝中や夜間の使用にはおすすめ出来ません。
また、水を使用しますので、長期間水の取替えを行わないと水垢の発生やにおいが多少気になります。

絨毯(カーペット)掃除

絨毯(カーペット)掃除に関する記事です。

住まいの絨毯(カーペット)掃除方法について紹介します。

絨毯はフローリングに比べ、ホコリが目立ちにくく、毛の奥にホコリやゴミが入り込んでいます。
絨毯に入り込んだ埃やゴミが目立たない為、掃除を怠るとダニの発生にもなりますので、定期的に掃除を行いましょう。

絨毯(カーペット)は、掃除機を使い掃除していきます。
掃除機によっては、絨毯掃除に不向きな掃除機もあるようです。
気になる場合は、絨毯掃除用やカーペット掃除用のヘッドを購入して使用してみるのもいいかもしれません。

掃除機で絨毯を掃除する場合は、掃除機を絨毯の逆目の方向で掃除を行います。
絨毯の毛並みと逆方向からかける事により、毛の間に空間が出来るので、毛の奥の埃やゴミ、ダニも吸い取り掃除できます。

順目に掃除機をかけると、毛の間のホコリやゴミを奥に押し込むようになるので、絨毯(カーペット)の掃除では、掃除機のかける方向に注意し、掃除を行いましょう。

風水 トイレ掃除のススメ

風水 トイレ掃除に関する記事です。

開運風水掃除に関して調べてみたので紹介します。

風水掃除には、<一番下は一番上に通ずる>という言葉があります。
この風水の言葉は、トイレ掃除にも当てはまります。

昔から便所掃除を行うと、金運がよくなる、運がよくなる、美人になる等色々と言われて、いいことだらけです。

トイレは、汚い、いらない物を下水に流します。風水的には陰の場所になります。
下(トイレ)が陰の場合、上(自分に入ってくる物)も陰ということになります。
トイレをきれいに掃除し、排泄物をスムーズに流すことで、スムーズに自分のためになるものが、入ってくるという風水の考えです。

風水掃除では、キッチンやトイレ、浴室などの水周りの掃除を行い、悪い運をスムーズに流すことも重要となっています。

また、トイレ掃除は誰もが嫌がる事だと思います。私も学校のトイレ掃除当番は嫌でした。
他の人が嫌がるトイレ掃除を積極的にすることで、風水でいう徳を積み、開運に繋がるという考えもあります。

風水トイレ掃除の、オススメの開運トイレ掃除方法は、便所掃除でトイレが綺麗になることを楽しみながら、継続的に掃除しましょう。
そうすることで、徳を積み運を貯め、金運アップにも繋がるそうです。

窓サッシ 掃除

窓サッシ掃除に関する記事です。

住まいの窓サッシ掃除の仕方について紹介します。

窓サッシのレールには、砂やホコリが溜まりやすく、また、雨や部屋の湿気により、こびりつき頑固な汚れになりやすい場所です。
また、サッシは掃除が細かい箇所ですので、掃除もやりにくい場所です。

まず、サッシのこびり付いているホコリを、歯ブラシや割り箸を使用し擦り落とし、掻き出します。
掻き出した汚れや、浮いた汚れを掃除機で吸い取ります。掃除機に隙間ノズルをつけると細かいところまで掃除できます。
よく絞った雑巾で、残っているサッシの汚れを拭き取りましょう。
雑巾掃除では、届かない箇所には、綿棒などを使用すると容易に掃除できます。

最後に乾拭きを行い、水分を取り除きましょう。
水分が残っていると、サビの原因にもなりますので注意しましょう。

窓 掃除

窓掃除に関する記事です。

住まいの窓掃除の仕方について紹介します。

窓の外側は、砂や雨で汚れがつき、窓の内側には、手垢や埃が付着し汚れがつきます。
窓は、住まいの外からも見える場所ですし、部屋の中からも目に付き、汚れが目立つ場所ですので、定期的に窓掃除を行いましょう。

まず、雑巾で乾拭きし、ある程度窓の汚れを掃除します。
そして、濡れ雑巾で汚れを掃除していきます。
水を付けすぎると、仕上げの乾拭きが難易になりますので注意が必要です。
この時に、新聞紙を濡らして拭くと印刷インクの油が窓の汚れをおとしてくれ、つやが出るそうです。
最後に窓の乾拭きを行い終了です。
仕上げの窓の乾拭きは念入りに行い、窓をピカピカに透明に掃除しましょう。

また、たばこを吸う部屋の窓掃除には、窓ガラスクリーナーを使用しましょう。

ダニ発生防止方法

部屋掃除に関する記事です。

住まいのお部屋のダニ発生防止方法について紹介します。

ダニは、ぜんそくなどのアレルギーを起こす原因となります。
ダニが最も繁殖する時期は、6月〜8月です。
それは、ダニの繁殖条件である、温度20〜30℃、湿度65〜85%とダニの繁殖に適している時期だからです。
また、ダニはフケやアカ、カビ 、植物繊維を栄養としている為、汗をかきやすい、この時期がダニの繁殖条件が最も揃っています。

ダニの発生を抑えるには、部屋の湿度管理が効果的です。
温度が20℃以上でも、湿度が55%以下になるとダニは生けていけないそうです。
湿度を低くするには、定期的に窓を開け、空気の入れ替えをしましょう。窓を2箇所以上開け、空気の通り道を作ることが重要です。

次に、部屋に除湿機を設置したり、エアコンのドライ運転を使用することで効果的に除湿を行えます。
また、エアコンにはダニの栄養分である、カビが発生しやすい為、定期的にフィルターの掃除を行いましょう。
エアコンの掃除を定期的に行うことで、効率よく除湿が行え、節電になり節約にもなります。

これで、ダニの発生繁殖をかなり抑えることが出来ます。

ダニ掃除

住まいのお部屋掃除に関する記事です。

お部屋のダニの掃除方法について紹介します。

ダニは、ぜんそくなどのアレルギーを起こす原因となります。
ダニの多く生息している場所は、寝具、絨毯、畳、布張りの椅子やソファ、クッション、ぬいぐるみなどの人が多く触れるところや、
照明器具のカサ、額縁、カーテンや窓枠、本棚などのほこりが溜まりやすいところにもダニは生息しています。
まず、自分の住まいの部屋を観察し、ダニが多く生息している場所を把握しておきましょう。

寝具であるふとんは、丸洗いすることで、ほぼ全てのダニを除去することが出来ます。
同じく、シーツやふとんカバーなどの寝具類や布製品など、丸洗い可能なものは洗濯掃除によりダニを除去できます。

照明器具のカサなど、お部屋の高いところは、はたき等でホコリを落とします。
ほこりと一緒にダニやダニの死骸も落ちてきます。
空中に浮遊した埃、ダニは30分から1時間程度で床に落ちるそうです。

床に落ちたダニは、掃除機で吸い取ります。
じゅうたんやたたみの場合、絨毯や畳に生息しているダニも一緒に掃除しますので、念入りに掃除機をかけて下さい。

使用する掃除機にも注意が必要です。
まず、ダニの再放出しない掃除機を使用してください。また、排気の出さないタイプの掃除機を使用下さい。
排気により、ダニを空中に巻き上げては意味がありません。

ダニを減らすのに有効な掃除回数は少なくとも3日に一回以上というデータがあるそうです。
ダニ掃除は、ダニに繁殖をさせないように継続的に行うことが効果的ですので、継続的にダニ掃除を行いましょう。

床 フローリング 掃除

床 フローリング 掃除に関する記事です。

住まいの床、フローリングの掃除方法について紹介します。

フローリングのホコリは結構目立ちますので、こまめに掃除が必要です。

まずは、掃除機でフローリングのほこりを取ります。
この時、フローリングの目に沿って掃除機をかけると、
目地に溜まったゴミも一緒に掃除できます。
掃除機でフローリングの目地のゴミが完全に取れない場合は、
つまよう枝など使用し目地のゴミをかき出し、再度掃除機をかけます。

次に、水拭きをします。フローリングは多すぎる水分を嫌いますので、水をよく絞った雑巾などで水拭きを行ってください。
そして、乾拭きを行い仕上げます。

目立つ汚れがあり、水拭きでは取れないときには、洗剤を使用します。
但し、フローリングに強い洗剤を使用してしまうと、表面にしわなど出来たりしますので注意して下さい。
フローリングの洗剤は中性洗剤等を使い、洗剤の選択は慎重にして下さい。