掃除の基本は拭き掃除

掃除道具や掃除用具

 通販サイトで探す人気の掃除道具や掃除用具

 ⇒楽天市場の売れ筋掃除用具を見る

 ⇒アマゾンの売れ筋掃除用具を見る

 ⇒ヤフオクの売れ筋掃除用具を見る

パソコン 液晶掃除

PC(パソコン) 掃除に関する記事です。

液晶 掃除の仕方について紹介します。

ノートパソコンはもちろん、デスクトップパソコンでも、液晶モニター/液晶ディスプレイの方が多いと思います。
pcを使っていると、液晶モニタの液晶面に指紋や汚れが付着してきます。

液晶モニターの液晶表面には、偏光フィルムで内部には基盤などあり、特殊な加工がされています。、
液晶掃除方法を間違えれば、液晶に傷が付いたり破損したり、液晶の色が変色したりしますので、掃除方法には注意が必要です。

液晶表面の汚れが軽い場合は、液晶表面専用の布や、めがね拭きなどの柔らかい布で、軽く乾拭きを行い、掃除しましょう。

液晶の汚れがひどい場合は、液晶ディスプレイ用のクリーナーを適量布につけ、軽く拭き掃除をします。
液晶ディスプレイ用のクリーナーの替わりに、エタノールを使用してもきれいに落ちます。
液晶ディスプレイ用のクリーナーの拭き後が残った場合は、再度、乾拭き掃除をしましょう。

液晶掃除では、液晶表面に強く力をかけると、故障の原因になりますので、軽く拭き掃除を心掛けて下さい。

パソコン マウス掃除

PC(パソコン) 掃除に関する記事です。

マウスの掃除方法について紹介します。

光学式マウスの場合は、クリック箇所などの手垢や皮脂を掃除します。
クリーナーなどの揮発性のよいアルコールで掃除してください。
無い場合は、住宅用洗剤を水で薄めて、布に染み込ませ、よく絞ってマウスを拭拭きます。
水分がマウスの中に入ると、故障の原因となりますので注意が必要です。

次に、ボール式のマウスについては、ローラーの掃除を行います。
マウスのローラーにゴミが付着すると、ボールの動きを関知するセンサーに正確にボールの動きが伝わらなくなり、マウスの動きが悪くなります。
マウスの動きがおかしい時は、ほぼマウスのローラーのゴミかみが原因ですので、定期的に掃除を行いましょう。

掃除はまず、マウスの底のふたを矢印の方向にスライドさせ外し、ボールを外します。
中にローラーが3ヶ所ありますので、それぞれゴミを取り除きます。
この時、手の爪で引っかいても取り除けますが、綿棒やピンセットを使用すると容易に作業できます。

マウスのボールは、小さいほこりがついています。ティッシュや、不織布でふきとります。

最後に元通りに組み直せば、マウス掃除の終了です。

パソコン 本体掃除

PC(パソコン) 掃除に関する記事です。

パソコン本体の掃除方法について紹介します。

まずPC本体の電源を切って掃除を行って下さい。
ノートパソコンやデスクトップ本体外側の掃除には、クリーナーなどの揮発性のよいアルコールで掃除してください。
水分がPC本体内部に入ると故障の可能性があるので注意が必要です。

パソコン内部には、冷却ファンなどから空気と一緒にホコリを吸い込み、基盤や配線にたまりやすくなっています。
PC内部の掃除を放置していると、ホコリに湿気がたまり基盤がショートしたり火事の原因にもなりますので、定期的に掃除を行いましょう。

ノートパソコンやデスクトップ本体内側の掃除は、外蓋を外して掃除していきます。
掃除機を使って、全体的にホコリを吸い取ってください。
細かい場所は綿棒でホコリを掻き出しながら、掃除機で吸い取り掃除していきましょう。

PC内部は、マザーボードなどの基盤や配線が多数あり、複雑な場所ですが知識の無い方は分解はしないようにしましょう。
また、硬いものでホコリを掻き出したり、無理やり掃除機の先を突っ込むと基盤を損傷させる可能性もあるので、注意が必要です。
基盤や電子部品に水がかかると故障の原因をなりますので、水掃除も避けてください。

パソコン キーボード掃除

PC(パソコン) 掃除に関する記事です。

パソコン キーボードの掃除方法について紹介します。

パソコンのキーボードは、ほぼ手垢や皮脂が付着しています。また、細かい隙間にほこりも溜まり易い場所です。

まず、PCからキーボードを外し、逆さにし大まかなホコリを落とします。エアでほこりを吹飛ばし、掃除するとより効果的です。
この時、ホコリが出ますのでゴミ袋の中で行うか、外で行いましょう。
まだ残っているホコリについては、キーボード掃除専用のブラシや小さいハケで掻き出しながら、掃除機で吸い取っていきます。

次に手垢や皮脂を掃除します。クリーナーなどの揮発性のよいアルコールで掃除してください。
無い場合は、住宅用洗剤を水で薄めて、布に染み込ませ、よく絞って拭いてください。
水分がキーボードの中に入ると、故障の原因となりますので注意が必要です。

pc(パソコン) 掃除 そうじ小僧

pc(パソコン) 掃除 に関する記事です。

pc掃除を調べているとVectorで便利なソフトを見つけましたので、紹介します。

ハードディスクの大掃除から性能劣化対策のデフラグまで楽々操作で一貫実行「そうじ小僧」

<ハードディスクの大掃除も楽々>
コンピュータを使えば使うほど、知らない間にハードディスク内にゴミが溜まってしまいます。
中には有害ゴミもあり様々なトラブルの原因になっています。
さらに、コンピュータの性能を劣化させる原因の一つにもなっています。
「そうじ小僧」でコンピュータをいつも清潔・快適にお使い下さい。

■ ゴミ掃除の対象エリアは、ローカル・ハードディスクの選択したドライブです。
■ 毎回、掃除範囲と廃棄するゴミの種類を選択できます。選択できる廃棄ゴミの種類は
?????????m.png
( 1) デスクトップのごみ箱
( 2) 最近使ったファイル( Recent フォルダ )
( 3) Temp/Tmp フォルダ内の一時ファイルとサブフォルダ
( 4) IE のインターネット一時ファイル
( 5) IE の履歴
( 6) IE のクッキーズ
( 7) IE のオートコンプリート履歴のフォーム
( 8) IE のオートコンプリート履歴のパスワード
( 9) システム障害記録( 拡張子 .dmp )
(10) その他の一時ファイル( 拡張子 .tmp )
(11) Microsoft Word の残骸( ~$*.doc )
(12) ウィルスバスタの古くなった不要パターンファイルを削除します。
(13) Windows Update で使用された一時ファイルを削除します。
■ 掃除実行中は、経過時間・検索状況・廃棄ゴミのサイズ・ファイル数を表示します。ゴミが片付いていく実感が味わえます。
■ ゴミ掃除が終わるとハードディスク内部の断片化を解消するためのデフラグ(最適化)を続けて実行することができます。デフラグは、Windowsが標準装備(WindowsNTなし)しているものを起動します。標準外のデフラグソフトを使う場合はキャンセルして終了します。
■ 最新版への更新もワンタッチです。